30歳の斉藤畳屋の二代目です。 仕事日記や畳に関する事を書いて行こうと思います。リンクフリーなのでどうぞお気軽に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

床材紹介

20070509093722.jpg


今日はうちで使っている畳床を紹介したいと思います。

畳ボード、ポリスチレンフォーム、畳ボードの3層で出来ています。

畳ボードとは、木のチップを細かく裁断し、板状にした物です。

ポリスチレンフォームは簡単に言えば、発砲スチロールで、断熱の役目をします。

メリットとしてはコストを抑える事が出来ます。

わらと床に比べ、ダニや害虫の発生が低いです。

デメリットとしては踏んだ感触が硬い感じがします。

なので、うちでは材料屋さんに注文して厚めのクッションを付けてもらっています。

他の畳屋さんはクッションが薄いタイプを使っているでしょう。
20070509093735.jpg


うちでは普段使われる床3種類48mm、50mm、53mmの厚さの床に厚いクッションがある床を使用していますよ!
スポンサーサイト
[ 2007/05/09 09:50 ] 建材床 | TB(0) | CM(0)

畳床について

20060424082616.jpg

うちで使っている畳床です。うちでは新畳にワラ床は使っていません。

みなさんのお宅はどっちでしょ?

建材床を使い始めたのは、ワラ床に比べコストが安いので施工料金も安くできる所。

芯に使われているフォームが断熱効果をもたらす所。

ダニなどの害虫がワラ床に比べて出にくい所。

でもデメリットも。

ワラ床に比べ耐久性が低い。踏んだ感触が硬い。

感触が硬いのは、対処として一番上にある白いクッションをうちでは

材料屋さんに注文して卸してます。

茶色いのは木材を細かく砕いたものを糊で固め、ボード状にしたものです。

中央のは簡単に言えば発泡スチロールです。

ボードでサンドしてあるんですね。

畳を新しくする時の判断材料にしてください。

これからもお客さんの目では見えない所を書いていきますね。





[ 2006/04/24 08:57 ] 建材床 | TB(0) | CM(0)
「秋田ブログで輪」
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。